最新の研究成果一覧>>

生体内リンパ器官におけるインターロイキン15ニッチの解明
生田教授らの研究グループの研究成果が「Proc. Natl. Acad. Sci., USA」に掲載されました。 (04 Feb 2014)

恒常発現 IFN-αはヒト肝細胞において抗 RNA ウイルス応答に重要な役割を果たしている
土方准教授と藤田教授の研究グループの共同研究成果が「PLoS ONE」に掲載されました。 (26 Feb 2014)

立体構造解析に基づく膜内切断プロテアーゼ RseP の非カノニカルなタンデム PDZ ドメインによる切断基質選別機構モデル
檜作助教と秋山教授らの研究グループの研究成果が「Structure」に掲載されました。 (02 Jan 2014)

大腸菌熱ショック転写因子 σ32 の機能制御にはシグナル認識粒子による膜へのターゲッティングが重要である
秋山教授らの研究グループの研究成果が「PLOS Biology」に掲載されました。 (17 Dec 2013)

Quick Access
お知らせ・トピックス
ウイルス研での研究を希望する方 マウス作成支援 共同研究拠点・共同研究公募 KUIC品川セミナー