最新の研究成果一覧>>

間期における細胞接着の幾何学情報は、カベオリンを介して分裂期の紡錘体軸制御因子に伝達される
松村助教・豊島教授らの研究グループの研究成果が「Nat. Commun.」に掲載されました。 (13 Jun 2016)

抗 CCR4 抗体は STLV-1/HTLV-1 免疫応答を活性化させる
松岡教授らの研究グループの研究成果が「Scientific Reports」に掲載されました。 (02 Jun 2016)

miRNA を長期間安定に発現する新規RNAウイルスベクターの開発
朝長教授らの研究グループの研究成果が「Scientific Reports」に掲載されました。 (18 May 2016)

コウモリゲノムに内在するモノネガウイルス由来RNA依存性RNAポリメラーゼ遺伝子
朝長教授らの研究グループの研究成果が「Scientific Reports」に掲載されました。 (13 May 2016)

Quick Access


お知らせ・トピックス
ウイルス研での研究を希望する方 マウス作成支援 共同研究拠点・共同研究公募 ウイルス研アーカイブ JSPS拠点 KURCA丸の内セミナー