本文へジャンプ

京都大学ウイルス研究所共同研究(被災研究者支援)について

  この度の東日本大震災で犠牲となられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様へ心からのお見舞いを申し上げます。一日も早く被災地が復旧し、被災地域の皆様が安心して生活できる環境が整うことをお祈りいたします。

  この度の震災では、東北・関東地方を中心に、多くの研究機関が大きな損害を受け、研究活動に著しい支障がでています。ウイルス研究所では、被害を受けられた研究者の方々の研究活動を支援するために、下記の通り、共同研究を公募し、本研究所において研究を遂行して頂く機会を提供させていただきます。

京都大学ウイルス研究所長 
        松岡雅雄 
  

  平成23年度 共同研究(被災研究者支援)課題採択一覧

  申請が採択される度に随時更新いたします。



共同研究(被災研究者支援)課題募集要項)  pdfファイル

1.公募テーマ

 本研究所の各研究部門、附属研究施設等では、それぞれ研究課題をもってウイルス・生命科学研究を行っています。本研究所の各研究室の研究テーマと関連して行う共同研究を募集いたします。応募に当たっては、本研究所で受け入れ先となる研究者等と事前に十分打合せを行ってください。

各研究室の研究課題については、本研究所のホームページ(http://www.virus.kyoto-u.ac.jp/)を参照してください。

2.応募資格

 大学・研究機関の研究者またはこれに相当する方。なお、申請者以外の研究者として、大学院生を含めることができます。

3.研究期間

 平成23年度中。

4.提出書類

 申請者は、別紙の「共同研究(被災研究者支援)課題申請書」及び「所属長の承諾書」各 1 通を下記宛先まで郵送してください。なお、電子媒体でも受け付けます。その場合「所属長の承諾書」は署名又は押印したものを PDF 版で添付してください。

送付先: 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町 53
          京都大学ウイルス研究所共同利用担当
         (「共同研究(被災支援)課題応募」と封筒に表記)

 問合せ先: TEL: (075)751-4002 FAX: (075)761-5626
 e-mail:  kyodo*virus.kyoto-u.ac.jp  (*を @ に変えて下さい)

5.応募締め切り

 随時申請を受け付けます(予算の範囲内で数件程度を採用予定)

6.採否

 本研究所の共同利用・共同研究運営委員会の議を経て採否を決定し、所属の長を通じて遅滞なく申請者に通知します。
 なお、採択された場合、申請者及び研究者の方々を、「京都大学ウイルス研究所特別共同研究者」として委嘱いたします。

7.研究経費

 旅費・滞在費として、予算の範囲内で支給を予定しています(詳しくは受け入れ研究者にご相談下さい)。

8.宿泊施設

 本研究所で受け入れ先となる研究者までご相談ください。

9.応募にあたっての留意事項

 1) 原則として、本研究所に来所いただいての共同研究となります。申請にあたっては、 事前に該当の受入れ研究者にご連絡ください。

 2) 動物を対象として実験する場合には、研究者の所属する機関での動物実験に関する教育訓練を受けていることが必要です。未受講の場合は、来所時に京都大学の教育訓練を受講し、研究所内の委員会に申請、承認を得る必要があります。組換えDNA実験が必要な実験については、研究者の所属する機関での承認あるいは申請中の場合には、本大学での新たな申請が必要になる場合があります。また、放射性同位元素を用いた研究や X 線装置を利用する研究に従事する場合には、 放射性同位元素等取扱者として登録されていることが必要です。

 3) 年度終了後に研究報告書を申請者より提出していただきます。提出いただいた報告書 は本研究所のホームページ及びアニュアルレポートにおいて公表いたします。

 4) 知的財産等の取り扱いについては、本研究所と別途協議することになります。

 5) その他、ご不明な点がありましたら、本研究所の共同研究者あるいは上記の共同利用担当までお問い合わせください。


このページの先頭に戻る