HOME組織・研究者一覧附属感染症モデル研究センター > 霊長類モデル研究領域

附属感染症モデル研究センター

霊長類モデル研究領域

メンバー

准教授
三浦智行 (tmiura @ virus.kyoto-u.ac.jp)

研究室ホームページ

研究内容

本領域ではサル個体レベルにおけるウイルス病態解明および霊長類実験モデルの確立を行っている。サルにエイズを発症させるサル免疫不全ウイルス(SIV) と HIV とのキメラウイルス(SHIV) を用いて、ウイルス病原性の解明を行い、得られた弱毒化ウイルスからワクチン開発を目指している。 また、サルに抗ウイルス薬での多剤併用療法を行い、生体内のどこにウイルスが隠れているかを解析している。これに加えて、エイズ以外にも新興感染症の病原ウイルスの動物実験モデルの作成と解析をすることで予防・治療法の開発を目指している。

大学院教育について

  • 医学研究科授業課目担当(病理専攻、ウイルス病態)
  • 人間・環境学研究科協力講座(相関環境学専攻、自然環境動態論講座、生物環境動態論ウイルス多様性科学)

学生

  • 博士課程1名、修士課程1名
  • 出身学部(理工学部、農学部)

連絡先

担当
三浦智行 准教授
TEL
075-751-3984
Email
tmiura @ virus.kyoto-u.ac.jp

▲ ページの先頭へ